手ぬぐい 桧垣

作者:寺村里香
桧の裏板で編んだ垣根を文様化したもの。桧は建材として千年を超える寿命を有し、吉祥の樹木に相応しい生命力があります。

なめらかで上質な肌触りの特岡の生地を使用し、「京友禅浸透染」という技法で染めた華市松の手ぬぐい。
その技法の特長は、発色性に優れ精緻な絵柄の輪郭も鮮明に染めることができ、
色落ちしにくく、生地の裏側まで十分に染料を浸透させることができます。
最初はやや硬さを感じますが、使うほどに馴染んでくるのが特徴で、
日用品としてはもちろん、お部屋のインテリアや贈答用など、場面に合わせておつかいください。

サイズ:約35×90
素 材:綿100% (特岡) 日本製

【洗濯方法】
洗濯時は他の物と一緒に洗わず、合成洗剤や蛍光増白剤・漂白剤は使用しないで下さい。形を整えて陰干しがお薦めです。
両端は切りっぱなしになっていますので、ほつれてきたら横糸のみハサミで切って処理してください。よりほつれにくくなります。
  • 1,200円(税込1,320円)

在庫状況 残り1点です。